【長野県飯山(いいやま)市で本社取材班】全国高校スキー大会(スキーインターハイ)最終日は10日、長野県飯山市の長峰スポーツ公園などで行われ、県勢は距離リレーの男子(40キロ)で盛岡南(高橋心太郎=1年、大堰徳(ちから)=3年、久保飛雅(ひゅうが)=同、沼野滉平=1年)が1時間51分10秒4で8位に入り、同校初の入賞を果たした。県勢男子リレーの入賞は第18回大会(1969年)の花巻農(10位)以来52年ぶり。アルペン男子回転は佐竹諒一郎(盛岡中央2年)が合計2分0秒22で27位に入った。学校対抗の男子で盛岡南が20点で8位に入った。

 リレーの女子(15キロ)は飯山(長野)が45分43秒4で4連覇した。男子は十日町(新潟)が1時間47分46秒3で初優勝を果たした。男子回転は市村柊人(北海道・東海大札幌)が合計1分54秒26で優勝した。学校対抗の男子は飯山が5連覇、女子も飯山が頂点に立った。

 次回は八幡平市で行われる。本県開催は11年ぶり。