西武のドラフト2位ルーキー佐々木健(富士大-NTT東日本)が9日、高知市での2軍主体のキャンプで初めて捕手を座らせて本格的な投球練習を行った。左肘を故障していた影響で出遅れたが、順調な回復ぶりを見せ「膝立ちくらいで次にしようかなと思っていたが、投げているうちにボールも体の切れも良かったので座らせた」と笑顔で話した。

 直球だけを投げ、高めに抜ける球はあったものの「何も体の異常を感じずに投げられた。強い球を投げられた」とうなずいた。杉山2軍投手コーチは「指にかかったボールはいい。まだばらつきがあるが、よりいいボールになる」と評価した。