花巻市石鳥谷町中寺林の道の駅石鳥谷の売店「酒匠館(さかしょうかん)」で、オリジナルの御用袋が販売されている。酒店が昭和の時代、一升瓶を配達する際に使った袋のミニチュア版。「南部杜氏の里」である石鳥谷地域をPRし、懐かしさが感じられるデザインだ。

 御用袋を作製したのは、酒匠館などの指定管理者で市の第三セクター石鳥谷観光物産(藤原美宏社長)。新酒ができた際に酒屋が軒下につるす杉玉、花巻の観光をPRするロゴマーク、銀河鉄道のデザインを紺色の袋に白色で配置した。

 営業は午前10時~午後4時半。問い合わせは酒匠館(0198・45・6868)へ。