2021.12.07

県、旅応援1カ月延長へ 未接種者検査態勢も構築

 県は、新型コロナウイルス禍の新たな観光対策を決めた。県内の旅行代金を割り引く「いわて旅応援プロジェクト」の期間を来年1月末まで1カ月延長し、対象者を隣県に拡大する方向。ワクチン接種済証や検査の陰性証明で行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」の検査態勢も構築する。

 旅応援プロジェクトは観光庁の「地域観光事業支援」を活用。今月31日宿泊分まで実施予定だったが、政府による観光支援事業「Go To トラベル」が来年1月下旬~2月上旬に再開する見通しとなり、空白期間を埋める形で延長する。

◇      ◇

 詳報は、12月7日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞