第74回全日本合唱コンクール全国大会で金賞に輝いた県勢4校の記念合同演奏会「煌(きら)めきコンサート」(県合唱連盟など主催)は5日、盛岡市盛岡駅西通の市民文化ホールで開かれた。今秋大活躍した受賞校が一堂に会し、研ぎ澄まされたハーモニーを披露した。

 全国最高賞を獲得した北上・黒沢尻北小、盛岡四高と、矢巾北中、不来方高が出演。第1部は全国大会で歌った課題曲や自由曲を演奏し、全国トップレベルの実力を発揮した。

 第2部は各校の選曲で、新型コロナウイルス禍でも歌い続ける決意や、平和への祈りを込めた楽曲など合唱の奥深さが表れるステージを展開。技術、表現力が磨かれた圧巻の歌声に、大ホールを埋めた聴衆はため息を漏らし、万雷の拍手を送った。