日本年金機構の県内五つの年金事務所が主催する県年金ポスターコンクール作品展は1月7日まで、盛岡市盛岡駅西通のマリオスで開かれている。

 県内21中学校から応募された全77作品。笑顔を描いたり「未来へ届ける年金」など引きつけるフレーズを記したり、年金の大切さを訴えている。同市新田町の伊藤一夫さん(72)は「どれも上手で素晴らしい。見て分かりやすい作品がたくさんある」と目を細めた。

 午前9時~午後6時(元日は休館)。同市前潟のイオンモール盛岡では受賞15作品を同30日まで、同市本宮のイオンモール盛岡南では受賞5作品を同4~12日に展示する。