大船渡市赤崎町 大船渡市漁協赤崎支所長 葉沢 紀芳さん(62)

 地元の赤崎小の児童たちに、年間を通して潮干狩りやカキ養殖、新巻きザケ作りなどを体験してもらっている。東日本大震災以降、温暖化の影響もあり取れる魚種が変化し、サンマやサケの不漁が続いて大変だ。それでも、三陸の海で生まれ育った子どもたちは未来への希望。多くの子どもたちが漁業に興味、関心を示し、後継者になってもらえるよう、今後も活動を続けていきたい。