いわて盛岡シティマラソン実行委(会長・谷藤裕明盛岡市長)は来年10月23日に第4回大会を開催する方針を決めた。新型コロナウイルス感染症の影響で、20年と21年はオンライン開催だった。3年ぶりのランナー受け入れに向け、準備を進める。

 2日に市内で開かれた会議で決めた。種目はフルマラソン(定員5千人)と11~12キロのファンラン(同500人)、前日実施のジュニアチャレンジラン(同600人)の3種目。

 フルマラソンのスタート地点は第1回大会の岩手大構内から岩手公園前に変更し、日本陸連公認大会となる見込み。密集を防止するため、定員は9230人が参加した第1回大会の6割程度に制限する。