大槌学園(松橋文明学園長、児童生徒620人)総合文化部の生徒は28日、大槌町末広町の三陸御社地(おしゃち)天満宮近くの電柱に鳥のウソの絵を描き、お披露目した。

 美術や校内装飾などを行う同部の7、8年生計5人が作業。ウソが正面、左右の3方向を向いているデザインで、下絵を描いたドラム缶を電柱に巻き、丁寧に色塗りした。