【東京支社】第100回全国高校サッカー選手権が28日、東京・国立競技場で開幕した。開会式の入場行進では、上下緑のユニホームに身を包んだ本県代表の専大北上(2大会ぶり2度目)が4番目に登場。旗手のFW吉武皇雅主将(3年)を先頭に、胸を張って堂々と行進した。

 第2日の29日は首都圏8会場で1回戦の残り15試合を行う。専大北上は東京都北区の味の素フィールド西が丘で奈良育英(10大会ぶり14度目)と対戦し、県勢2大会ぶりの初戦突破を目指す。午後2時10分キックオフ。