県は27日、釜石市の30代団体職員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認の発表は11月14日以来で、累計3488人。男性は27日に実施した県の検査でデルタ株が検出されず、オミクロン株の可能性があるとみて解析を進める。県は市中感染ではなく、接触者の囲い込みはできているとし、冷静な対応を呼び掛ける。

 県によると、男性はオミクロン株に感染した疑いがある患者と同じ国際線に乗り、23日に羽田空港に到着。空港での抗原定量検査は陰性だった。24日に車で釜石市内の自宅に移動後、濃厚接触者の連絡を受けた。25日は自宅、26日は宿泊療養施設で過ごし、検査で陽性と分かった。

 オミクロン株かどうかは早ければ28日に判明する見通し。