陸前高田市の高田松原津波復興祈念公園で27日、東日本大震災の津波で流失した後、再建された歌人石川啄木の歌碑の除幕式が開かれた。歌碑は1960年のチリ地震津波でも流されており、3度目の建立。

 歌碑には啄木初の歌集「一握の砂」所収の「頬につたふ なみだのごはず 一握の砂を示しし人を忘れず」が刻まれている。ひ孫の石川真一さん(56)が揮毫した。

 雪が降る中の除幕式で、真一さんは「陸前高田の皆さんの心の癒やしになれば」とあいさつした。

 啄木が修学旅行で訪れた縁で58年に高田松原に建てられ、啄木の没後100年に合わせ記念事業実行委員会が再建を企画した。