2021.12.27

早池峰山・県道25号線(花巻市)=12月23日10時~

仰ぐ早池峰・トレッキング!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

辛うじて望まれた早池峰山頂

 早池峰山の県道25号線を歩いてきました。

 河原の坊までは行きたいと思ってましたが、倒木や積雪が多く思ったように進めず、片道約2.5時間ほどで、うすゆき山荘周辺でタイムアウトとなりました。

 鶏頭山、中岳、早池峰山など、稜線に見える樹氷・岩氷などがきれいに出来上がっていました。

 道路上では動物の足跡(シカ、カモシカ、ウサギ、キツネ、リスなど)やヤドリギ、ヤマブドウの熟した実や、多くの小滝と飛沫氷の造形を眺め楽しんできました。

 岳川の流れはいつもと変わらず水量が多く、瀬音を残して下る心地よい響きがありました。ところが、歩いて1時間ほど経ったころ、岳川の水の色が茶色に濁っているのに気づきました。上流で土石流が発生しているのではと心配になりました。

 今回は「シカ捕獲中」の張り紙が至る所で目につきました。シカの食害も、木の皮を剥いだ形跡、笹を食した跡なども見られました。くくり罠猟によるシカの捕獲事業が、2022年1月31日まで実施していることを帰りのゲートで知りました。

輝く中岳の樹氷・岩氷
小田越えコース5号目周辺
鶏頭山東斜面の樹氷
晴天に望まれたニセ鶏頭山(左端)
鳴想の滝手前の岳川の濁り水
雪面に残る影絵を楽しむ
飛沫氷をじっくり見ると面白い
多くの実生を付けたヤドリギ
鳴想の滝付近の積雪