新型コロナウイルス感染症の影響で延期となっていた矢巾町の2020年度成人式は26日、同町南矢幅の田園ホールで行われた。1年近く待って「門出の日」を迎えた晴れ着姿の若者たちは、マスク越しの再会を喜び合った。

 対象者294人のうち、例年より100人ほど少ない147人が出席。高橋昌造町長がエールを送った。

 同町はコロナ感染拡大防止のため、21年1月10日に開催予定だった20年度成人式を延期。式典の時間短縮や手指消毒など対策を徹底し、21年度の式を行う前の開催にこぎ着けた。