2021.12.27

一関学院16位、盛岡誠桜40位 全国高校駅伝

男子 区間6位の力走を見せた一関学院の1区鈴木健真=26日、京都市・烏丸鞍馬口
男子 区間6位の力走を見せた一関学院の1区鈴木健真=26日、京都市・烏丸鞍馬口

 【大阪支社】全国高校駅伝は26日、京都市のたけびしスタジアム京都発着のコースで行われ、第72回の男子(7区間、42・195キロ)は世羅(広島)が2時間1分21秒で2年連続11度目の制覇、自校の持つ歴代最多優勝記録を更新した。本県代表の一関学院(27年連続31度目)は2時間5分29秒で16位。

 第33回の女子(5区間、21・0975キロ)は仙台育英(宮城)が1時間7分16秒で2年ぶり、歴代最多となる5度目の優勝を果たした。本県の盛岡誠桜(15年連続15度目)は1時間14分58秒で40位だった。

 
女子 盛岡誠桜の1区田中希歩から29位でたすきを受け走り出す2区福田杏理=26日、京都市・平野神社前

◇      ◇

 詳報は、12月27日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞