東日本大震災の経験と教訓を新たな視点と手法で伝えるため、2020年10月に立ち上げた岩手日報社の若手社員プロジェクトチームは、写真共有アプリ「インスタグラム」のアカウント「iwate_nippo311」を開設しました。災害への備えに役立つ情報などを随時発信します。

 チームが手掛ける本紙連載「紡ぐ~鵜住居とともに~」に関する情報や、身近なものを活用した防災グッズの作り方など災害への備えに役立つ情報を発信。チームの活動についても紹介します。

 「#そなえひろがれ」のハッシュタグで検索できます。これからも防災意識の広がりを願って活動を続けていきます。

岩手日報社