県内の小中学校は24日が2学期の終業式のピーク。2022年3月で閉校する紫波・長岡小(小田島雄校長、児童41人)では、子どもたちが充実した冬休みを送り、最後の校史を刻む3学期の再会を約束した。

 終業式では、児童が学習発表会など思い出を披露。小田島校長は「掃除や家庭学習など頑張りたいことを継続してほしい。長岡小へ感謝を伝えられる3学期にしよう」と呼び掛けた。

 5・6年生の教室では、児童がタブレット端末で作成したプレゼンテーションで、2学期に頑張ったことを発表。担任の小野一彦教諭に「楽しい冬休みにしよう」と声を掛けられ「はい」と元気に応じた。