盛岡地方気象台は25日から28日ごろにかけて、今冬一番の寒気が到来するため内陸の山沿いを中心に大雪や吹雪の恐れがあるとして、県気象情報を出した。交通障害や農業施設の損壊、落雪などに注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、25日から強い冬型の気圧配置となり、東北地方の上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込む見込み。雪が長時間降り続き、急速に積雪が増える恐れがある。

 25日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で内陸15~20センチ、沿岸10~15センチ。その後の26日午後6時までの予想24時間降雪量は内陸の山沿いで40~60センチ。