矢巾・不来方高(熊谷和浩校長、生徒819人)は26日まで、芸術学系美術・工芸コースによる企画展「未来の巨匠展」を盛岡市盛岡駅西通のアイーナで開催している。

 同コースの1~3年生87人が授業などで制作した339点を展示。色鮮やかな陶芸作品や社会問題を風刺したデザイン画など、個性が光る作品が並ぶ。

 午前9時から午後6時半まで(最終日は同4時まで)。入場無料。