24日はクリスマスイブ。北上市九年橋のフランス菓子店、ブール・ドゥ・ネージュ本店(織笠幹一グランドシェフ)では、聖夜を彩るケーキ作りが最盛期を迎えている。

 甘い香りが漂う調理場では23日、パティシエ8人が作業。真っ白な生クリームに赤いイチゴなどをのせたケーキを手際よく仕上げた。25日までに約10種類、3千個を製造する。