大槌町吉里吉里(きりきり) アルバイト 佐々木タキさん(72)

 料理を作ったり、人と話すのが好きで町内で定期開催される地域食堂の運営に携わっている。食べるときは人の顔も心も優しくなる。震災時は津波で自宅1階が浸水し、親しい友人を失った。知人やボランティアに助けられながら、仮設住宅団地の支援員として自らも被災者を見守った。元気の秘訣(ひけつ)はよく食べること。今日もこうして人と話して、働けていることに感謝している。