2021.12.23

全線開通、浸水域通らず移動可能に 県道大船渡広田陸前高田線

22日に全線開通した県道大船渡広田陸前高田線。高台に整備され、震災の浸水域を通らずに移動できる
22日に全線開通した県道大船渡広田陸前高田線。高台に整備され、震災の浸水域を通らずに移動できる

 大船渡市末崎町で整備が進められてきた県道大船渡広田陸前高田線(2・2キロ)は22日、全線開通した。先月開通した県道碁石海岸線(2・4キロ)と合わせて東日本大震災の浸水域を通らずに末崎地区内を移動できるようになる。

 安全・安心な交通網が確保されたことに加え、碁石海岸へのアクセスも向上し、住民や観光関係者は地域活性化などに期待を高めている。

 

◇      ◇

 記事全文は、12月23日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞