【エンゲルベルク(スイス)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は19日、スイスのエンゲルベルクで個人第9戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が追い風の厳しい条件の下で132・5メートル、136・5メートルを飛んで合計306・0点で快勝して今季3勝目を挙げた。通算22勝目。

 中村直幹(フライングラボラトリー)は22位。雪印メグミルク勢は小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高―東海大)が23位、2回目に進めなかった伊東大貴は37位だった。佐藤幸椰は51位、佐藤慧一は63位で予選落ちした。