花巻市は、同市吹張町(ふっぱりちょう)の花巻中央広場などでイルミネーション「ヒカルヒロバ2021」の点灯を始め、優しい光が訪れた人の心を癒やしている。

 サルスベリやヤマザクラ、プロムナードのシンボルツリーのモミの木などに、約2万9千個の発光ダイオード(LED)電球を取り付けた。2年目となる今回は、芝生広場に宮沢賢治童話村のライトアップに用いられるオブジェも設置し、華やかな空間を演出している。

 時間は午後4時半~翌日午前0時。来年2月14日まで。今月25日まではキッチンカーなどの出店もあり、詳細は市のホームページに掲載している。