遠野中(小向敏夫校長、生徒358人)1年生118人は本年度、地域の魅力を発信する観光マップを作製し、遠野市観光協会(三浦芳昌会長)と認定NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク(菊池新一会長)に寄贈した。

 生徒は市街地や附馬牛(つきもうし)、土淵方面など5地域に分かれ、現地調査を実施。自ら写真を撮り、住民に話を聞くなどして見どころを計20枚の模造紙にまとめた。

 市観光協会、同法人はそれぞれの観光案内所にマップを掲示し、来年度以降のツアーに活用する方針。