2021.12.18

復興の道、願い結実 普代-久慈整備、三陸道きょう全通

18日の開通を控える三陸道久慈IC付近。東日本大震災の復興道路として、仙台市から八戸市まで全長359キロがつながる=久慈市長内町(本社小型無人機から撮影)
18日の開通を控える三陸道久慈IC付近。東日本大震災の復興道路として、仙台市から八戸市まで全長359キロがつながる=久慈市長内町(本社小型無人機から撮影)

 東日本大震災の復興道路として国が整備を進めてきた三陸道(県内分延長213キロ)は18日、全線開通する。残る普代-久慈間(25キロ)が同日午後3時に通行可能となり、仙台市から八戸市を結ぶ総延長359キロの整備が完了。震災10年の年に沿岸被災地が高速道でつながり、産業・観光振興への期待が高まる。

 開通する普代-久慈間の所要時間は国道45号ルートより16分短縮。仙台-八戸間は震災前より約3時間20分早い5時間余りで結ばれる。

◇      ◇

 記事全文は、12月17日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞