2021.12.18

「むらおこし会社」活動知って 伊保内高生が九戸中で発表

九戸中3年生を前に「伊高むらおこし会社」の成果を発表する伊保内高生
九戸中3年生を前に「伊高むらおこし会社」の成果を発表する伊保内高生

 九戸・伊保内高(日野沢明彦校長、生徒60人)の生徒代表者は15日、九戸中(佐藤純子校長、生徒127人)で、全校生徒を「社員」とする任意団体「伊高むらおこし会社」の成果を発表した。商品開発や販売を振り返り、特色ある学校の取り組みを紹介した。

 伊保内高1、2年生5人が、村の特色を生かした商品を開発した経過を紹介。発案から商品化、販売までで苦労したことや工夫、学んだことを発表した。九戸中3年生44人が真剣な表情で耳を傾けた。