日本障害者スキー連盟は16日、来年3月に行われる北京冬季パラリンピックの代表内定選手を追加発表し、ノルディックスキー距離女子立位で山田町出身の阿部友里香(日立ソリューションズ、盛岡南高―大東大)が選ばれた。

 3大会連続出場となる26歳の阿部は「春から悔いが残らないように一日一日を大切に過ごしてきた」と語った。

 本県関係選手の北京冬季パラ五輪内定は、アルペンスキー男子座位の狩野亮(マルハン、岩手大)、高橋幸平(日体大3年、盛岡農高)と合わせ3人となった。