陸前高田市気仙町の東日本大震災津波伝承館は2022年1月9日まで、企画展「いわての復興教育―復興・伝承の担い手として―」を開いている。

 内陸部を含む県内小中高校、支援学校計9校の復興教育の実践事例をパネルにして展示。釜石高のメッセージ入り千羽鶴作製や防災出前授業、3河川の合流地点近くにある盛岡・下橋中の地域安全マップ作りなどを紹介する。

 企画展は午前9時~午後5時。関連行事として、大槌高復興研究会による防災紙芝居の発表を19日午後1時半からと同2時半からの2回行う。