全身の筋肉が衰える筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う紫波町中島の中川敬一さん(63)が率いる音楽ユニット「にゃん太」は25日、紫波町紫波中央駅前のオガールでチャリティーコンサートを開く。病気と闘いながら「音楽は生きる力だ」と前を向く中川さん。当日は入場料の代わりに会場で寄付を募り、県難病連などに贈る予定。

 今月上旬、オガール内のスタジオで行われた練習には中川さんと、ボーカル菅原政江さん(57)=盛岡市、ギター戸塚正孝さん(70)=紫波町=が集合。中川さんが高校時代に作詞作曲した曲などコンサート当日に披露予定の数曲を3人で息を合わせて奏でた。

 コンサートにはにゃん太を含む県内外の9組が出演。午後0時半開演で、入場無料。会場での寄付金は日本ALS協会県支部や県難病連に贈り、難病患者のために役立てられる。コンサートに関する問い合わせは中川さん(keiichi.naka09@gmail.com)へ。