2021.12.16

怒りにそっと寄り添う 盛岡のくどうれいんさん、初の絵本刊行

「プンスカジャム」を手にするくどうれいんさん
「プンスカジャム」を手にするくどうれいんさん

 作家、歌人、俳人など幅広く活躍するくどうれいんさん(盛岡市)が、初の絵本「プンスカジャム」(福音館書店・1210円)を刊行した。

 「プンスカ」は怒りの気持ち。友だちに待ち合わせをすっぽかされた主人公「ハルくん」が、パン屋の車のおばあさん(あぐりさん)の言う通りにすると、プンスカが瓶詰めジャムに―。

「プンスカジャム」 くどうれいん作、くりはらたかし絵  

 【あらすじ】小学2年のハルくんは、もう、怒っていた。友だちのタニくんと公園で待ち合わせたのに、すっぽかされた!  どすどす行くハルくんの前に、赤くて丸い車が現れる。「ベーカリーあんぐり」。のれんには「あなたのプンスカ、ジャムにします」とある。おばあさんが顔を出し「あらっ、りっぱなプンスカ顔!」とにこにこ言った…。

 【対象年齢】読み聞かせは4歳から。自分で読むなら小学校低学年から。

◇      ◇

 詳報は、12月15日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞