2021.12.14

特殊詐欺、増える水際阻止 県内で幅広い業種、連携奏功

 県内で関係機関が連携した特殊詐欺の水際阻止事例が増えている。今年11月末現在、過去3年の年間件数を上回る65件993万円の被害を防いだ。金融機関やコンビニに加え、介護業や飲料販売業など幅広い業種が貢献。一方、10月には1件で3千万円をだまし取られる高額被害が発生し、全県の被害認知額は1億円近くに達し、近年もほぼ横ばいの状況だ。巧妙な手口で高齢者らを狙う犯人グループとのいたちごっこが続き、依然として警戒は緩められない。

・・・(以下、略)・・・