一関市千厩町の70代男性が、有料サイトの未納料金を請求する偽メールを受け取り、現金計百数十万円をだまし取られる特殊詐欺被害が発生した。千厩署は注意を呼び掛けている。

 同署によると11月23日、男性のスマートフォンに未納料金の支払いを求めるショートメールが届いた。男性が記載の番号に電話すると、NTTファイナンスサポートセンターを名乗る男から「1年間の料金が未納になっている。債権回収手続きに入るため、本日中に振り込んでもらう必要がある」などと言われ、指示に従った。

 翌日以降も別団体を名乗る男らから「スマートフォンがハッキングされており他人に被害が出ている。損害補償のため保険に加入する必要がある」などと電話があり、男性は25日までに指定された口座に計百数十万円を入金した。

 さらに男から電話があり「さらに高額の保険に加入する必要がある」などと言われ、不審に思った男性が警察に相談。被害が発覚した。