岩手県は12日、青森県三戸町の養鶏場での鳥インフルエンザの感染確認を受け、対策本部(本部長・達増知事)を設置した。

 岩手県によると、感染が確認された三戸町の養鶏場から半径10キロが搬出制限区域となり、県内は二戸市の2養鶏場が含まれる。計9万羽規模だが、どちらも出荷済みで、現在は鶏がいない。

 発生した三戸町の農場からは県内の孵卵場に種卵9万8千個が入っており、感染の恐れがある計73万個を処分する。二戸市の県道には関係車両の消毒ポイントを設置した。