2021.12.11

キャトル宮古が閉店 利用者ら別れ惜しむ

閉店時刻が迫り、店舗を後にする買い物客を見送る茂内博彦社長(左)=10日、宮古市栄町
閉店時刻が迫り、店舗を後にする買い物客を見送る茂内博彦社長(左)=10日、宮古市栄町

 宮古市栄町の商業施設キャトル宮古は10日、新型コロナウイルス感染症の影響による客足の落ち込みやテナント撤退のため、閉店した。宮古公共職業安定所によると、運営会社やテナント事業者の離職者は30人ほどの見込み。同所や市は今後、再就職支援を強める方針だ。

 キャトルは宮古駅前のビルで2003年から20年近く営業。同日は別れを惜しむ市民らが最後の買い物に訪れた。

◇      ◇

 記事全文は、12月11日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞