サッカーJ3いわてグルージャ盛岡の選手ら5人は9日、盛岡市の岩手日報社を訪れ、初のJ2昇格を決めた今季の報告やスタジアム整備などについて意見を述べた。

 グルージャを運営するいわてアスリートクラブの坂本達朗社長、中村文哉副社長らが来社。スタジアムについて坂本社長は「盛岡駅の近くにできると盛岡市に人が集まってくる。アウェーのサポーターが千人単位で押し寄せまちを潤す。そういうところを目指す」と述べた。

 今後の順位目標について「(J1)ライセンスを取れるまでJ2にとどまらないといけない。J2の中位にとどまり残留争いをしないのが一番。ライセンスを取れたらJ1争いをしたい」と力を込めた。