2021.12.01

もう師走、近づく聖夜 花巻・ポインセチア出荷

出荷を迎え、鮮やかに色づいたポインセチア=30日、花巻市高木
出荷を迎え、鮮やかに色づいたポインセチア=30日、花巻市高木

 今年も残り1カ月。花巻市高木の岩手園芸(佐藤巧社長)で、クリスマスシーズンを前に、ポインセチアの出荷作業が最盛期を迎えている。

 30日は従業員が陽光が当たるように間隔を調整し、出荷間近の鉢を透明なフィルムで囲った。作業は10日ごろまで続き、計約3万鉢を県内のスーパーやホームセンター、生花店などに出荷する予定だ。

 ポインセチアは花びらのような苞葉(ほうよう)が色づくのが特徴。岩手園芸では16~18度に保たれた温室でイタリアンレッド、アトラなど約20種を栽培する。

関連リンク