【東京支社】化粧品大手コーセー(東京都中央区、小林一俊社長)は8日、障害者のアート作品の商品化を手掛ける盛岡市のヘラルボニー(松田崇弥社長)とコラボレーションしたギフト用ボックスの展開を始めた。

 ボックスは4種類。障害のある4人の作家がそれぞれ描いたカラフルな作品を、箱のデザインとして採用した。ほかにメッセージカードも制作した。

 コーセー直営店のMaison(メゾン) KOSÉ表参道(東京都渋谷区)と同銀座(東京都中央区)で税込み2200円以上購入した人にプレゼントする。