2021.11.08

専大北上2年ぶりV 高校サッカー県大会

2年ぶり2度目の優勝を決め、喜ぶ専大北上の選手=7日、盛岡市永井・いわぎんスタジアム
2年ぶり2度目の優勝を決め、喜ぶ専大北上の選手=7日、盛岡市永井・いわぎんスタジアム

 第100回全国高校サッカー選手権県大会は7日、盛岡市永井のいわぎんスタジアムで決勝が行われ、専大北上が延長の末2-1で盛岡商を下し、2年ぶり2度目の全国切符を手にした。

 専大北上は前半2分、カウンターからFW佐藤裕翔(ひろと)(3年)が先制点を挙げた。後半ロスタイムに追いつかれたが、延長後半7分、MF鎌田悠生(ゆうき)(同)が決勝点を決め、激戦を制した。盛岡商は後半終了間際にFW原田優汰(ゆうた)(1年)の同点ゴールで試合を振り出しに戻したが、追加点を奪えなかった。

 専大北上は12月28日に東京・国立競技場などで開幕する全国選手権に挑む。

◇      ◇

 詳報は、11月8日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞