2021.11.07

冬へ続く光の道 八幡平市・サラダファームで点灯

ピンク色に輝くトンネルのイルミネーションを楽しむ子どもたち
ピンク色に輝くトンネルのイルミネーションを楽しむ子どもたち

 八幡平市平笠のサラダファーム(田村昌則社長)が運営する観光施設サラダファームヴィレッジは、毎冬恒例のイルミネーション点灯を始め、まばゆい光が幻想的な世界を演出している。来年2月27日まで。

 同施設のガーデンパーク内に発光ダイオード(LED)約35万個を取り付けた。四季折々の森の散歩道がテーマ。動物のオブジェや同施設のアルパカ「モモ」をイメージしたピンク色に輝く約15メートルのトンネルなどが美しい光を放つ。

 点灯は土日祝日の午後4時半~同7時。入園料は高校生以上500円。点灯期間中は同施設内の「トムテの森」で飲食も楽しめる。