7日は二十四節気の立冬(りっとう)。冬が始まる頃とされる。6日の県内は高気圧に覆われ、晴れや曇りとなった。八幡平市松尾寄木の農業畑支(はたささえ)さん(75)の畑では漬物用の干し大根作りが盛んに行われている。

 支さん、ヒメ子さん(68)夫妻は10月下旬から青首大根を収穫し、同日は取ったばかりの80本を2本一組でひもで結び、支柱に渡した棒につるした。

 のれんのように800本が並び、支さんは「暖かい日が続いたが、やっと冷えてきた。もっと甘味が増してほしい」と願った。畑さん夫妻が作った漬物と干し大根は市内産直などで販売する。