東日本大震災の被災地支援と青少年育成を目的とした豊田自動織機(愛知県刈谷市、大西朗社長)主催の訪問ミニコンサートは4日、大船渡市の赤崎小(細川佳紀校長、児童117人)で開かれた。児童はプロが奏でる美しい音色を楽しんだ。

 国内外で活躍するバイオリニストの南紫音(しおん)さん(32)と、ピアニストの沼沢淑音(よしと)さん(34)が来校。3年生以上の74人にモーツァルトやパガニーニの曲など5曲を演奏し、児童はうっとりと聞き入った。