2021.11.05

原油続騰、県民悲鳴 ガソリン県内平均163円

給油するガソリンスタンドのスタッフ。価格高騰の影響が消費者や事業者に広がっている=4日、盛岡市名須川町
給油するガソリンスタンドのスタッフ。価格高騰の影響が消費者や事業者に広がっている=4日、盛岡市名須川町

 世界的な原油高値に伴うガソリンや灯油などの石油製品の価格高騰が続き、県内の消費者や事業者に影響が広がっている。

 4日公表された県内のレギュラーガソリン平均価格(1日現在)は163円70銭で、7週連続で上昇。物流や水産、クリーニングなど各業界が打撃を受けており、「価格転嫁を検討せざるを得ない」と厳しい現状を訴える声も。冬を迎えて灯油の使用量が増えれば、家計の負担はさらに増すことは確実だ。

◇      ◇

 記事全文は、11月5日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞