普代村は29日、長距離自然歩道みちのく潮風トレイルと地域の魅力を発信する「トレイルガストロノミーツアー」を始めた。6日間で久慈、野田、普代、田野畑の4市村のコース数十キロを歩きながら、郷土料理や伝統芸能、観光名所を楽しんでもらう東北初の試み。北三陸の豊かな自然と食の魅力を伝える。

 ツアーにはハイキングを愛好する首都圏在住者ら12人が参加。普代村の宿泊施設を拠点に5泊6日で4市村を周遊する。各地のトレイルコースを巡り、郷土料理など地域の魅力を感じてもらう。