岩手労働局(稲原俊浩局長)は29日、4産業の県特定(産業別)最低賃金の改正を官報に公示した。引き上げ額は16~27円、引き上げ率は1・85~3・29%で、12月29日に適用される。

 改正対象の産業(かっこ内は時給、引き上げ額、引き上げ率)は▽鉄鋼業、金属線製品、その他の金属製品製造業(878円、26円、3・05%)▽光学機械器具・レンズ、時計・同部分品製造業(856円、27円、3・26%)▽電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、情報通信機械器具製造業(847円、27円、3・29%)▽自動車小売業(879円、16円、1・85%)。