2021.11.03

10月県内感染急減 新型コロナ、昨年10月以来の一桁台

 県内の10月の新型コロナウイルス感染累計は7人で感染は急速に減少した。患者の確認がなかった日は27日間で、月別でみると昨年10月以来の一桁台。入院、宿泊療養者も約1年ぶりにゼロとなった一方で「第6波」への懸念もあり、対策継続と感染拡大の兆候を見逃さないための早めの受診・相談が必要だ。

 10月の感染の市町村別は盛岡市4人、花巻市1人、宮古、県央の両保健所管内各1人(滞在含む)。年代別は19歳以下2人、30代2人、50代1人、60代以上2人。前月16件に上ったクラスター(感染者集団)は確認がなかった。

◇      ◇

 記事全文は、11月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞