2021.11.29

一関市、ネット申請拡大 転出届、所得課税扶養証明書など

 一関市は、スマートフォンやパソコンから行政手続きを行う「スマート申請」を拡大させている。書面で行ってきた申請や届け出のオンライン化を進め、年度内には転出届や所得課税扶養証明書などの手続きや発行も可能となる見込み。新型コロナウイルス感染リスクの低減とともに事務を効率化させ、市民サービスの向上を図る。

 スマート申請は、運転免許を自主返納した高齢者にバスやタクシーの乗車券を交付する事業など3項目で、今月スタート。年度内には転出届や軽自動車の車検用納税証明書など7項目を追加する。

 今後は、高齢者や障害者ら来庁が難しい人への手続きを優先してオンライン化する方針だ。

◇      ◇

 記事全文は、11月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞