2021.11.29

未来の鉄人 釜石で躍動 鵜住居スタジアムでラグビーイベント

グラウンドを全力で駆ける釜石シーウェイブスアカデミーの選手ら
グラウンドを全力で駆ける釜石シーウェイブスアカデミーの選手ら

 子ども向けラグビーイベント・ラグビッグドリーム2021with釜石絆の日(釜石ラグビッグドリーム実行委、釜石ラグビー応援団主催)は28日、釜石市鵜住居(うのすまい)町の釜石鵜住居復興スタジアムで開かれた。東日本大震災後に生まれた縁が発展し、中学生同士の交流試合や元日本代表選手によるラグビークリニックなどを展開。ワールドカップ(W杯)の開催地に絆の記憶がまた一つ刻まれた。

 中学生同士によるメインの試合は、釜石シーウェイブス(SW)アカデミーと、静岡ブルーレヴズ(前ヤマハ発動機ジュビロ)ラグビースクールが対戦。寒風の中、同アカデミーが前半からトライを次々と決め、92対0で完勝した。両チームとも最後まで仲間と鼓舞し合い戦った。

◇      ◇

 記事全文は、11月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞