2021.11.28

看板商品〝衣替え〟 野菜のうま味を堪能できる逸品

野菜のうま味を堪能できる「ホルモン炊き」
野菜のうま味を堪能できる「ホルモン炊き」

 岩手町の食肉加工販売・肉のふがね(府金伸治社長)は、看板商品のホルモン鍋を「岩手ホルモン炊き」としてリニューアルした。野菜のうま味を堪能できる逸品で、町の特産品のキャベツとの相性も抜群。岩手日報社が協力して調理方法やまちの歴史などを紹介する「号外」も製作し、商品を包装。地域に根差したホルモン文化を広く発信する。

 ホルモン炊きは、鍋とは異なり、先にホルモンだけを煮込むのが特徴。キャベツやネギ、豆腐など好みの具材を後から投入することで、ホルモンのだしが食材全体に浸透し、野菜本来の味わいを引き出す。

◇      ◇

 詳報は、11月28日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞