大相撲九州場所14日目(27日・福岡国際センター)盛岡市出身で西十両5枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、東14枚目の旭秀鵬を寄り切りで破り連勝。7勝7敗と五分に戻した。

 右四つで互いに上手を引けず動きが止まった後、錦木は相手の左巻き替えに乗じて前進。頭をつけて左を差し、上手を引いて寄り切った。

 千秋楽は2場所連続の勝ち越しを懸け、西14枚目の荒篤山と対戦する。